賛助会員一覧
会費の払い込み方法

会員専用メニュー

facebook twitter

SST普及協会第24回学術集会群馬大会ホームページ

SST普及協会
第24回学術集会群馬大会
運営事務局
〒104-0045
東京都中央区築地2-3-4-9F
株式会社トリョウビジネスサービス内
Tel: 03-3547-9664
(平日9:00~18:00)
Fax: 03-3547-9684
E-mail: 24gakkai@jasst.net


第26回全国経験交流ワークショップ in 仙台

一般社団法人 SST普及協会事務局
〒104-0045
東京都中央区築地2-3-4-9F
株式会社トリョウビジネスサービス 内
E-mail: jimukyoku@jasst.net
Tel: 03-3547-9664
Fax: 03-3547-9684

台風19号による被害を受けられた皆様にお見舞い申し上げます。

この度の台風19号は、東海地方から北の広い地域に大変な被害を与えました。
とくに各地の河川からの洪水による被害が大きいようです。
被害を受けられた会員の皆様、そのご家族、まわりの方々、同じ地域の
皆様にはお見舞いを申し上げます。
一刻も早い復興を心から祈念いたします。

2019年10月15日
一般社団法人SST普及協会

SSTとは?

“Social Skills Training”の略で、日本では「社会的スキル訓練」、「ソーシャルスキル・トレーニング」、あるいは頭文字を取って「エスエスティ」と呼ばれています。また、精神科領域では、「(社会)生活技能訓練」と呼ばれています。

SST は 1940 年代の行動療法にその原型を求めることができ、その後、認知の要素を取り込みながら発展してきました。複数の理論を背景としてさまざまな技法を含んでいるところは、認知行動療法と重なるところが大きいと考えられます。SST は効果が実証された体系的な方法で、日本でもその効果が認められ、 1994 年 4 月に精神科を標榜している保険医療機関において入院加療者を対象として「入院生活技能訓練療法」が診療報酬化されました。対人関係を中心とするソーシャルスキルのほか、服薬自己管理・症状自己管理などの疾病自己管理スキルを高める方法がスキルパッケージとして開発されています。

現在では、精神科領域だけでなく、教育領域、就労支援関連領域、司法矯正領域、職場のメンタルヘルス(産業領域)など、さまざまな領域で実践されています。また、家庭や職場への訪問など、地域生活者の現場での支援も行われています。

SST は希望志向であり、精神障害をもつ人たちをはじめ、支援を必要とする方の希望に基づいた支援方法です。自己対処能力を高め(エンパワメント)、一人ひとりのリカバリーを目指して、SST が広く活用されることが期待されています。

学術集会などにおける一般演題等についての倫理的配慮に関する指針(PDF 96KB)
NEW  AMED-SST研究班の3年間の成果のまとめ(PDF 154KB)
今年度(2020年度)は、 令和1年10月1日〜令和2年9月30日です。

SST普及協会からのお知らせInformation 一覧を見る

2019年11月13日 認定講師研修会
2020年シミュレーション日程のご案内news
2019年10月08日 事務局からのお知らせ
将来計画・ニューズレター編集・研修・学術・医師層対策・SST-PR・広報の7委員会が委員を公募します!
2019年10月08日 事務局からのお知らせ
令和1年8月のSST普及協会代議員選挙結果について理事会決議を受けて会長からの報告
2019年10月04日 事務局からのお知らせ
第24回学術集会群馬大会 演題募集が10月18日(金)まで延長されました。
2019年09月12日 事務局からのお知らせ
代議員選挙の投票期限は、郵送で9月17日(火)必着です。お忘れなく!